綺麗で可愛い結婚式場

いろいろなことができる司法書士

司法書士は士業と呼ばれる職業のうちの一つで法律の専門家として多くの人から知られています。

 

そして司法書士はどのような仕事をするのかというとこれまでは土地、建物などの不動産の名義を変更する不動産登記、会社や法人などの各事項が変更になった場合にする商業、法人登記が主でした。

 

しかしここ10年前後の間に司法書士の業務範囲が拡大していろいろなことができるようになりました。
まず平成15年に簡易裁判所での訴訟代理権が付与され、認定考査に通ることによって、簡易裁判所内に一定の額の民事事件において弁護士と同様に訴訟代理をすることができるようになりました。これによって借金に苦しむ人の債務整理の手続きをする司法書士が大幅に増えました。

 

それからここ最近では認知症になってしまった高齢者の生活を支えるために後見人となってサポートする司法書士も多くなっています。後見制度を利用するためには家庭裁判所に申し立てをする必要があるのですが、申し立てから後見業務まで司法書士が引き受けることもできます。
よくわからない場合は群馬 司法書士で申込み下さい。