ボラティリティが低い時のFX戦略

ボラティリティが低い時のFX戦略

差益トレードがメインの場合、ボラティリティは重要な数値です。高ければそんなに不満もありませんが、
低い時は困り者ですよね。お任せくださいクロスリテイリング株式会社←こちらから
同じことをやっていても利益は大きく減ってしまいます。詳しく知りたいならクロスリテイリング株式会社で調べましょう

 

 

戦略として考えられるのは、普段使っている時間軸からもっと長くしたものを使うと言うモノです。詳しい情報は山口孝志←こちらから
ボラは
時間当たりのモノですから、時間を掛ければ上がった状態に持っていけるとも言えます。

 

まぁ当然トレードチャンスなどが減ってしまうので、お金換算では難しい所ですが、やってみるとかなり
楽でもあるんですよね。ポジションを取ってしまえばもう考えてもいなくても、見ていてもいなくても
変わりません。更に追加なんてやる人は別ですが、一般トレーダーはそんな事もしませんよね。評判がいい山口孝志←こちら

 

 

FXに使う時間が減るので、その分他の事をする時間になりました。今まで読めなかった本が読めたり
とか、友達の誘いに乗れたとか、意外と良い事あるなぁなんて感じましたね。トータルで計算して見ると
あまり損益も変わりませんでしたし。

 

こういう多面的な低ボラリティ戦略もありだと思います。意外と利益が減らないのには驚きました。参考にするなら山口孝志をクリック。