綺麗で可愛い結婚式場

歯科で治療しているときの出血について

 歯科で治療を受けていて「やっぱり歯が悪くなっていたんだなあ」と感じる瞬間があります。それは、治療の合間に水でうがいをしたとき、吐いた水に血が混じっていたときです。

 

 歯を悪くすると、歯茎から出血することが多いです。ただ、普段歯みがきをしているだけではなかなか出血しているのかどうかわからないので、痛みだけで歯の状態を判断することになります。

 

 しかし、歯科に行くと、歯の悪くなっている部分を容赦なく治療しますので、そのときに歯医者さんの使っている器具が患部に触れたりすると、それで出血してしまうということがあります。そうすると、うがいをしたとき、確実に赤い血が吐き出されてきますので、それを見ると歯の状態が悪かったのだということを、否が応でも自覚することになります。
このサイトを一度見れば分かります名古屋 審美歯科を開いてみてください。

 

 ただ、そうして血が出るということは、それだけその部分がしっかり治療できてきるということですので、それはむしろ良い兆候なのだと自分に言い聞かせ、しっかりと最後まで治療するように心がけています。